副作用が出ることもある

看護婦

考えられる副作用

ボトックス注射の施術後、まれに副作用が出ることがあります。副作用には、口元の筋肉が動かしにくくなる、アレルギー症状が出る、だるさを感じる、表情が作りにくくなるといったことが挙げられます。ボトックスには、注入した箇所の筋肉の働きを弱めるため、施術後は口元が動かしにくいと感じることがあります。それに伴い、食事がしづらくなったり、表情が作りにくくなったりするケースも考えられます。しかし、ずっとその状態が続くことはなく、1~2週間ほどで治まるので心配いりません。ほかにも、施術後に吐き気をもよおす、体調に異変が起こるなどアレルギー症状が出ることもあります。施術に使用されるボトックスは安全性が確認されていますが、体質によってはアレルギー症状が出る方もいらっしゃいます。それを防ぐためには、施術前に体質のことも医師とよく相談し、施術を受けるかどうか判断しましょう。風邪と症状が似ている部分もあるので、放置しないように注意しましょう。アレルギー症状まではいかなくても、施術後にだるさを感じるケースもあります。こちらも一時的なものなので、徐々にだるさはなくなっていきます。筋肉痛のような違和感を覚えることもありますが、だるさを感じるときのように、数日経てば治まるので大丈夫です。

防ぐための対策

副作用を回避するための対策として挙げられるのが、技術力の高い医師に施術を依頼することです。ボトックス注射の施術実績が豊富で、技術力の高い医師であれば、適切な注入箇所や量を判断することができます。そうすると、副作用が出る可能性はぐんと下がります。施術後の仕上がりも良くなるので、施術実績が豊富な美容クリニックで施術を受けるようにしましょう。また、施術に使用されるボトックスも大きく影響します。品質が良く、検査をクリアしているボトックスであれば、副作用は出にくいです。そのため、安全性が不明なボトックスを使用している美容クリニックは避けてください。施術後に出る可能性がある副作用については、カウンセリング時に医師から説明があります。対策についてもアドバイスをもらえるので、心配な方は相談しておくと良いでしょう。もし吐き気や筋肉が動かしにくくなる等の副作用が現れて、しばらくしても治まらないという場合は、すぐに美容クリニックに連絡してください。少しでも異変を感じたら、そのままにはしておかず、医師に診てもらうことが大切です。副作用を防ぎつつ、ボトックス注射の効果を最大限得るためにも、施術後は身体の変化を見逃さないようにしましょう。

Copyright© 2019 小顔になれると人気の施術【ボトックス注射の特徴や効果を知ろう】 All Rights Reserved.